平服でお越しください

平服でお越しください

平服が出てくるのは、「結婚式」や「結婚式の二次会」だけでしたのではないです。招待状や案内文の文例テンプレートに頻出する文章です。

「結婚式」や「結婚式の二次会」の案内文にドレスコードとして「平服でお越しください」と書いてるケースが多くなったので、今までに招待状を手にした経験があるのであるそしたら一度は目にやったこともあるのでしょう。平服とは、どんな服装かというと、かしこまったタキシード(男性)やイブニングドレス、カクテルドレス(女性)など「礼服(正礼装、準礼装)」ではない、「略した礼装=略礼服(りゃくれいふく)」のことを指します。

「平服」はご覧の通り、「へいふく」と読みます。普段の日常生活ではまったく見なすことない単語そのためね。

この他にも「法事」や「葬儀」など、要するに冠婚葬祭時に、そうして近頃は「アルバイトや就職などの面接」、「入園式」「同窓会」などの案内文にも書かれていることがあるのです。一番目にする時には、平服の「平」の漢字が、「平社員」の「ヒラ」や「平民」の「ヘイ」というビジョンから、敷居が思いっきり下がったように見えますので、「あ、じゃあ礼服(正礼装、準礼装)ではないため、いつものカジュアルな普段着で行ってもいいってことね。」と見間違いする人もたまにいますが、普段の格好で出かけると大恥をかくことになってくるので注意が必要です。

「略した礼装(略礼服)」は、礼服ではないけれども、いつもの日常生活で着ているカジュアルな普段着という意味合いではありません。



平服でお越しくださいブログ:19-03-25

女性であるアナタはファッションナビような雑誌を一読したことがありますか?普通に雑誌などを一読するのも一つの手段ですが、一番求めるべきことは正しい着こなし術です。


とにかくいくつかのファッションセンスを覚えてみたいと思っているのでしたら、とりあえず最初にオンラインのブログなどで学習するようにしてください。
「ファッションセンスとして最高の着こなしに兎に角私も実現してみたい!」等思っているのでしたら、オンラインでファッションセンス向上について様々な学習することがとっても重要です。
かなり着こなし術改善に関心を持っていない人が今の男性は女の子と違い結構いますが、着こなしがいい感じの恋人を見つけたい男性陣は実際のところ多くいます。


着こなし術改善方法でやはり誰もがミスをしてしまうものですが、洋服のコーディとファッションチョイスを行うことで、ファッションセンス改善方法というのは最高の着こなしを本当に手にすることができるのが魅力です。
みんなは不完全なファッションの洋服選びを継続していませんか?よく言われる洋服の着方というのは間違っている知識で行っている人が多く、ファッションの才能無いと思われるのでご注意するようお気を付けください。
残念ながら、着こなし術向上で失敗している人は事実、かなりいます。おなじような失敗を何回も起こさないためにも、確実な知識のファッション選びを楽しむような感じでするようにしましょう。